【2017最新版】セブンイレブンのマルチコピー機でファックスを送る手順

Pocket

セブンイレブンのマルチコピー機ではコピーやネットプリントの他に、ファックスを送信することができます。
(その他にもチケットを買ったり住民票の写しをプリントすることなどもできます♪)
以前はクロネコ@Faxというサービスを使ってファックス受信もできたのですが、2017年2月にサービス終了となりファックス受信することはできなくなりました。

今回は、2017年最新のマルチコピー機でファックスを送る手順を画像付きでご紹介していきます。

セブンイレブンのマルチコピー機でファックスを送信する

まずセブンイレブン店内に入ってマルチコピー機を探します。
マルチコピー機はゼロックスの複合機がベースになっています。
ファクスの送信料金は1枚50円(全国一律)です。

1.タッチパネルでファクスを選択する

でっかいタッチパネルが付いているので、その左下にある「ファクス」を選びます。

注意事項が表示されますので、よく読んでから右下の「同意する」をタッチします。
注意事項には、・海外への送信はできない。・著作権のあるものは許諾がないなら送らない。・非通知で相手先に届く。・受信はできない。・送信不良の場合だけ返金する。と書いてあります。

2.Fax番号を入力してから送信設定を行う。

送信先のFax番号を入力します。間違わないよう注意してください。

次に、原稿のサイズと、送信画質、送信濃度を設定します。
原稿サイズは普通に送信するならA4を選んでおけば間違いありません。
送信画質は標準・高画質とありますが、時間に余裕があるなら高画質を選んでおいた方がいいと思います。
高画質の方が断然見やすいです。(送信料金に差はありません)
画面上部に先ほど入力したFax番号が大きく表示されているので、再度間違っていないか確認してください。

設定が終わると、送信レポートの有無の選択が表示されます。
レポートしておくとどんなFaxをどの宛先に送ったか後で確認できるので、できればプリントしておくと良いです。(レポートは無料です)

原稿を読み取る。

次に原稿を読み取ります。
画面の表示に従って、原稿を「読み取る面を下に向けて、左奥に合わせる」そして「原稿を読み取る」ボタンをタッチしてください。


読み取りが終わると読み取った枚数が1枚になり、次の原稿を読み取るか送信画面に進むか選ぶことができます。

ここでは、もう一枚原稿を読み取ってみます。

2枚読み取ったので「これで決定」をタッチします。
画面の右下には2枚の送信料金100円(50円×2枚)が表示されています。

ファックス送信する

料金の支払い方法を現金かnanacoから選択します。
nanacoならポイントが付くので若干お得です。
宛先、枚数に問題がなければ「送信スタート」をタッチします。

送信の前に、料金の支払いを済ませます。
nanacoを選択したので、マルチコピー機の画面左上にnanacoを置いて決済します。

決済が終わると送信がスタートします。
高画質を選んだので送信時間が結構かかります。

ファックス2枚が4分ほどで送信完了しました。
続いて送信レポートがプリントされます。

レポート印刷後に、画面に終了の案内が表示されます。
画面の案内にあるように、大切なファックスであれば相手に受信確認の連絡をすると良いです。

最後に領収書の発行が行えます。
仕事で使用した場合は領収書をプリントしておきましょう。
画面に表示されているように、領収書はマルチコピー機の右側中段あたりからレシートとしてプリントされてきます。

最後に忘れ物がないか確認して終了となります。

マルチコピー機の操作手順は、セブンイレブンのホームページにも掲載されています。

送信完了したファックスはどんな風に届いてる?

マルチコピー機から自分のインターネットFax番号へ送信してみたのですが、届いたファックスは字もちゃんと読めるので画質は問題無しですね。
(高画質で送信した場合です。)
ヘッダーに送信日時と利用した店舗名が記載されています。

ささっと説明しましたが、実際に開始から終了まで10分ほどかかってます(汗)
自分のスマホからファックスが送れるインターネットFaxなら、サクっと2分くらいで終了してるハズなんですけどね(笑)
セブンイレブンのFax料金の注意点トップへ戻る